読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ローカルにiOS Developer Library のサーバを立ててウェブブラウザ向け翻訳ツールで読む

英語をすらすら読めれば専用ビュワーのMacアプリケーションがいくつかあるのでそれを使えばいいんだろうけど、自分は辞書索きながらじゃないと読めないので、

トピックで読む時はXcodeのドキュメントビュワーから`Command+Control+D` でDictionary.app で単語を調べながら読んで、
プロパティ、メソッドレベルの確認とかは`Alt+左クリック` でポップアップで開いていたり、`Command+Shift+O` でSDK のヘッダファイル直接見てたり、
ポイントで知りたいことがある時は`site:developer.apple.com KEYWORD` でGoogle検索してMultiLookup (Chrome Web Store)で文で翻訳しながら読む
というなんかめんどくさいやり方が常なのだけども。

このオンラインで見てたiOS Developer Library、Xcode環境でダウンロードしていたらローカルにHTML+JavaScript形式でフルセットあることに気付いた。


※ ローカルの辞書セットだと単語でしか索けない

のでこれをブラウザから見ればいいことに気付いた。

cd ~/Library/Developer/Shared/Documentation/DocSets/com.apple.adc.documentation.AppleiOS5_1.iOSLibrary.docset/Contents/Resources/Documents
open http://localhost:9000/ && /usr/bin/python -mSimpleHTTPServer 9000 

# `Control-C` で終了


※ トップのナビゲーションもJavaScript ベースなので動く。


※ サイト内検索はうまく動かないので、オンラインのiOS Developer Library に頼るか、grep するかしないといけないんだけど……


なるほど「ところでこれはそんな便利なTIPSなのかな〜?」とみなさんは思うかもしれないでしょうが、なんか俺もそんな気になってきた……