読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

電車は面白の宝庫だったのか

雑記

俺は普段電車に全然乗らないのだけど、今日久々に使ったら「酒に酔って知らない人にくだを巻く中年男性」というか酔っぱらい、というか画太郎でいう泰造みたいなオヤジが居たのでビビッた。えー、そんな居るもんなの。俺のこんな電車を使う機会の少ない生活でも遭遇できるぐらいだから「出会い」のチャンスは今、各所で頻発しているに違いない。慌てて絡まれやすそうな清楚系OLの近くにポジショニングしてフラグを立てるのを狙おうと思ったが車内は満員なので無理だった。しかも、泰造の人は絡みすぎてて駅員におロープ頂戴されていったし。
そのすぐ後には大学生風の青年が発車間際、電車に飛び乗ってきたかと思ったらストライダー火竜ばりの三角ジャンプでホームへ再び跳び降り、着地と同時にゲロを吐いて小走りで去っていった。なんだその動き。ロックマンの敵キャラか。
静かな車内には、駅前で街頭演説している「つくる会」の人のハスキーボイスが遠くから響いていたのであった。