読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

擬人化はてな

はてな

 
どごーん

 
「うしゃしゃしゃぱぁぁあー、新機能じゃぁぁ新機能じゃぁああ!!!めでたいのう!!!」
はっくん……

        じゃない!! ッ誰!?」
「ぐわぱぱぱぱ!!!ワシじゃぁあ!!!汗と肉と漢気と八ッ橋を愛する漢こと――はてな(株)じゃぁぁああ!!!!」
「ちょっとッ、明らかに設定ちがっtわぷどごーん
どごーん ブンッ ブンッッ
「ちえええええぇぇい!!!株式じゃぁああああ!!!ぽーとふぉりおじゃあぁぁ!!!」
「ちょ、はっくん。まずその『金棒みたいな物』を振り回すのはやめてッ!!危ないよー」
「しもうたぁあああ!!!アナウンスじゃぁああああ!!!アナウンスを失念しとったわぁぁ!!!新機能の後にはアナウンスが必要じゃぁあああ!!!」
ブンブンッッ ゲリゲリゲリ
「ちょっ、わたしの【要望】が全く通らないッッ」

 
「あッ、はっくん。もしかしてその今持ってるのが新しい道具なの?」
「げぼはははは!!!っったりめぇじゃぁあ!!!これこそ全人類が待ち望んだ怒濤の新機能リリースじゃぁああ!!!!」
「ちょっ!そのままのキャラでいく気!?すごく関連リンクが張りずらいじゃない!」
「ぬえばばばb!!!繋がりじゃぁああ!!!日本男児にはブログより血と汗と肉じゃぁあ!!!」
ブンッ ブンッ
「ちょっ、今こめかみの上の所かすったよ!!頭の皮膚の薄いところ!!カンベンしてよ!!血じゃないナニかが出ちゃうよ!!!」
「むぅ……。すまんのぅ。ちぃと、はしゃぎすぎたようじゃのう。」
「やはりここは!!腹を斬って詫びを!!!」
「ちょっ待ってよ!そんなことしなくていいし微妙に設定ずれてるよ!いいから、新しく作った道具の説明してよ!」
「むぅ……ほうか。ではよく聞けぃ!!!」

 
「まずこの一見何の変哲もない棒じゃがのぅ」
「(あると思うけど……)」
「この棒をじゃな!!!ワシの!!!この鍛え上げられた肉体でじゃ!!!(ブンッ)こうッッ!!!遠心力を!!!利用してッッ!!!」
ブンッ ブンッ ブンッ 
ブンッブンッブンッブンッブンッブンッ

「ッ!?はっくんが!!はっくんが見えない速さで回ってる!!!」
ブンッブンッブンッブンッブンッブンッ
「ぬおほぉおおお!!!のってきたわいいぃ!!!!」
ブンッブンッブンッブンッブンッブンッ
「ああッッ!!はっくん!?はっくんが浮いたッ!!!!」
ブンッブンッブンッブンッブンッブンッ
「ぐわっぱぱっぱぱ!!!記録更新じゃぁああ!!!また一歩、宇宙へ近づいたわ!!!!!」
「すごい!!!はっくんすごい!!!」

追記

犬山さんに画像化してもらった。髪型が細かい。