読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

恥ずかしいエントリを投稿してしまった時の対処法 その2

または新時代の批判方法

論争がヒートアップした時とか異常にテンションが高い時とかは危険です。後から見て赤面もののエントリを残してしまい死にたくなる時もあるのでしょう。いっそ消してしまう?いやしかし消した事実がまた更に自分を追い込むことになるかもしれません。私は常に冷静ですからそのようなケースに遭遇したことは決してありませんが
さて対象法ですが意外にも簡単なものです。恥ずかしい投稿をしてしまったあとに追記して一行くわえるだけで済みます。ようは責任を他人に押しつけてしまえばよいのです。では文末にこう記しましょう。

――ということをマイミクの某有名ブロガーが言ってました!!

発言者にある程度権威を持たせてみると良いです、「なんちゃって」でも。それは何故だか説得力に繋がります。もちろん発言内容は確認のしようがないので脳内でいいです。考えてみればmixi(SNS)程大きい規模の公認裏サイトはありません。
しかしやりすぎは禁物です。背後取りは基本的に気持ちのイイものなので夢中になってしまいますが、一歩引いて見ると所謂界隈の「中二病」の範疇だったり。
なるほど こんなにも 世界は優しい

関連

「ごっついタイガーバズーカじゃぁ"」