読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

成田良悟『バッカーノ!―The Rolling Bootlegs』


禁酒法時代、ニューヨーク。裏組織“カモッラ”は重要な儀式を数日後に控えていた。泥棒カップルはグランド・セントラル・ステーションに着いたばかりだった。マフィアの三兄弟はちょっとした問題を抱えていた。チンピラの少年は思い通りにならない現実にムカついていた。職務に忠実な警部補はそんな彼らを疎ましく思っていた。そして、錬金術師の野望は200年を経て、未だついえる事はなかった。彼らはまだ、互いに関わりの無い者同士であった。このマンハッタンに“不死の酒”が蘇るまでは―。第9回電撃ゲーム小説大賞金賞受賞作。
ちょっと評価に困る。俺が電撃文庫を読み慣れてないせいもあるかもしれんけど、主に笑かしにきてる部分とそうでない部分の判別が……おとぼけ強盗カップルの会話がムカツクとか「〜のようだ」を繰り返す3人称のツッコミがサブいとかは主に好みの問題で、俺が招かざる客なのに地雷原に突っ込んだようなものだけど、「運命の螺旋が〜車輪が〜」とかを入れてくる部分や、カモッラのボスの「裏社会での人生は螺旋階段のようなものだ〜」から始まるソレっぽいようであんまりうまくない喩えとかはどうなんだ、と首を傾げざるをえない。個々でなら普通に読めたんだけど、前述のような「バカ騒ぎの」合間合間に挟まれるので浮きまくる。むしろそこを楽しむのかどうなのか……
とは言え、細部が引っかかる程度で全体としては別につまらなくもなかった。語り部自体もラストの伏線になっていてウマイ。ので難しいところ。
あと、後半の緊迫したシーンの台詞でキャラの名前書き間違えてる。ずこー。
【2】

追記

あ、やばいな。すげー人気あるなこの本。なんだか俺みたいなのが読んでしまって申し訳ない。