読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

久米田康治「いいがかり姉さん」(ヤングガンガンNO.9)読んだ

「説明書が説明になってないじゃない」「何勝手に合併してんのよ」「ライ●・ア・●イブの続編なんか作ってるんじゃないでしょーね」「変なCG映画にお金を使わないで下さい」(うろ覚え)と。のっけからスクエニで飛ばし気味の久米田先生だった。しかし叩きに愛がある。
前半が溜まったネタ吐き出しで、後半でストーリー進行。いつものパターン。シモネタはなし。思えば「南国アイスホッケー部」のあのぐだぐだのシモネタオンパレードから改造で突然「縛り」に入ったのはちょっと驚いた(ポカポカはどうだっけ、忘れた)。シモなきゃ描けない人だと思ってたから。

関連記事

さすがだ。なにイカに載るだけのことはある。
マガジンの「絶望先生」が楽しみです。改造引っ張りだったらたぶん読まんけど。