読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

キーワード作成「古泉迦十」

1975年生まれ。二十五歳という若さで「イスラムの世界を舞台にした本格ミステリ」を書いた『火蛾』が第17回メフィスト賞(2000年)を受賞しデビュー。同年の「文春傑作ミステリーベスト10」にランクインするなど一躍脚光をあびるが、期待される第二作は未だ発表なし(2005年4月現在)。

「第2作は唐代の中国を舞台にしたもので、これはシリーズの第1作にしたいと思っています。700枚ぐらいの作品になる予定で、半年前の時点で650枚まではできていたんですが、ラストが書けなくて苦しんでいるところです。8月中には脱稿するつもりなので、うまくいけば今年中には出せるんじゃないかと思います。」
ダ・ヴィンチ』2001年10月号

修正、他あればご自由にどうぞ。