読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ソーシャルブックマークがこっちで「ウケた」場合を妄想

思うに、はてなブックマーク(ソーシャルブックマーク)登録というのはコメントやメール、トラックバック(リンク)に比べて敷居が低い。このサービスが幅を効かせて、WEBにおける常用ツールとなると仮定した場合で考えるに、「登録」という行為を「反響」と、取るとすれば、これは「沈黙のオーディエンス(憂鬱なプログラマによるオブジェクト指向日記)」に対する一種のアレになるな。アレ、言葉が思いつかない。(追記)思いついた。「ソーシャルブックマークは『沈黙のオーディエンス』に報いるブログ管理人の一矢だ!」うわ、アホっぽ。
とはいえ、闇黒面では「ボキの力作エントリーの登録状況を、常時貼り付いてチェックするのら」みたいなキモいケースも出てくるんだろうけどさ。断っておくと、そういう行為をしそうなひとをクサしてるんじゃなくて、いかにも俺がやりそうだから。やる前に勝手に自己嫌悪して萎えてるって事です。