読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

世紀末に誕生したニューヒーロー・ロックユニット「machine」について

どうでもいいけどkeyword:machineは誤爆しまくっている。当たり前か。
PENICILLINHAKUEIとex. media youth、ex. hide with Spread BeaverのKiyoshiによるユニットな「machine」さんだが、今日偶然TSUTAYAで新古アルバムが売っていたので買ってきてしまった。確か、デビューした頃ハマッてた記憶がある。かっこいいんだわ2人とも。PENICILLIN自体はなんか当時の「ヴィジュアル系バンドブーム」の中では上手く流れに乗れてなかった感じで結構立ち位置が微妙だった。一番有名な曲ってアニメ「すごいよマサルさん」のOPぐらいじゃないのかな。HAKUEIの歌声は清春(黒夢)に似ているようで似てないような、よりアングラ色を強めたような、ドロドロヘドロのような。machineは歌詞が阿呆っぽくっていいな。

DISC BASTARD GAME(LIVE版)

DISC BASTARD GAME(LIVE版)

あった。このライヴアルバム買った。
で、せっかくだから他のタイトルも集めよか、と思ってAMAZONで探していたらなんか活動再開している事が分かった。

machine修復完了、そして再起動・・・」だって、馬鹿イカス。去年(2004)にライヴやったんだな。行きたかった。
バンギャ勢。

追記

うはは、keyword:バンギャルの解説文は素晴らしいな。名キーワードだ。