読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ポエム「俺からの<大人>達への糞カウンター、こと肥溜めカンタービレ」

速度、早さ、スピード。
そんな危なっかしいものにいつも惹かれていた。
大塚ギチ『東京ヘッド』


消費と速度が一体となり ぼくらをますます熱くさせる

何しろ速度はぼくたちの世代の『もう一つの祖国』であり、とても住みやすいものだ
寺山修司『速くなければいけない』


その頃 <大人>と呼ばれたぼくたちは ただ 流されるままに速度の中に身をまかせていた

僕は危険な生き方をしてみたかった。とことん行けるところまで自分を追いつめていって、行き着いた先で何が起きるか見てみたかった。
ポール・オースター『ムーン・パレス』


風雲タケシ城



なぜだかその頃私は見すぼらしくて美しいものに強くひきつけたれたのを覚えている。
梶井基次郎『檸檬』


そしてぼくらは最高の快楽に出会った









 風雲タケシ城


しかし あとに残ったものはなんだ

私たちは、自分がそのような「無根拠なマッチョ」を流布しかねない当事者であることを、自覚しているのだろうか。結果として、そのようになってしまっている現在を、どこまで自覚しているのだろうか。
ササキバラ・ゴウ『おたくのロマンティシズムと転向』


ファミリートレーナー専用カセット



「無駄な出費ね、」
「尻尾を掴まれないための経費だよ。」
長野まゆみユーモレスク