読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

伊坂幸太郎『オーデュポンの祈り』


コンビニ強盗に失敗し逃走していた伊藤は、気付くと見知らぬ島にいた。江戸以来外界から遮断されている“荻島”には、妙な人間ばかりが住んでいた。嘘しか言わない画家、「島の法律として」殺人を許された男、人語を操り「未来が見える」カカシ。次の日カカシが殺される。無残にもバラバラにされ、頭を持ち去られて。未来を見通せるはずのカカシは、なぜ自分の死を阻止出来なかったのか?卓越したイメージ喚起力、洒脱な会話、気の利いた警句、抑えようのない才気がほとばしる!第五回新潮ミステリー倶楽部賞を受賞した伝説のデビュー作、待望の文庫化。
この概要みて「面白そう」と思ったら迷わず読めばよい。と、丸投げしたくなるほど舞台設定、キャラクター、世界観がシュールで魅力的。カカシが喋ってしかも殺人事件の被害者になるんだ、最初どうやって話を進めていくのかと疑問だった。これこそ「ありえねー」だ。でまぁ、ちょっとピンとこないところもあれど、とにかく先の展開が気になるし、軽めの文章な事もあって、俺でもスラスラと読み進められた。伏線張りと消化が見事で読後も爽やか。
孤島を舞台にしたところとか、住人や日比野のキャラとかがどことなくこの前読んだ『クリスマス・テロル invisible×inventor (講談社ノベルス)』とかぶったな。

オーデュボンの祈り (新潮文庫)

オーデュボンの祈り (新潮文庫)